代表プロフィール

profile
瑞江の美容室アンクロワ代表 サトウ

美容師を目指したきっかけ

僕は小さい頃から絵を描いたり物を作ったりするのが好きでした。その反面、勉強は全くやる気持てませんでした。

中高は公立で行ける範囲の学校に入学して、そこでも勉強はやる気がなくいつも成績は下位の方、一度は学年でビリも経験しました。

高校3年生になると、進学や就職を本気で考えないといけません。大学に行ってサラリーマンになるなんて面白くなさそうだったし、かと行って物作りでお金を稼げるような仕事は当時は全然ありませんでした。

美大に行こうにも学費が高くて行けないし、どうしようかなと考えていたところに、床屋だった母が「床屋にでもなるかい?」と言ってくれたことが美容師の道の始まりでした。

床屋(理容師)よりも美容師の方が女の子も多くて楽しそうだから、という理由で北区王子にあるコーセー美容専門学校へ入学することにしました。

彼女のおかげで優秀な美容学生へ

勉強ができない僕でしたが、同じ美容学校に通っていた彼女はいつも成績優秀でした。彼女に勉強を教えてもらったおかげで、テストでは毎回トップ10に入れるようになりました。

物作りが好きなおかげで、制作発表会のヘア制作部門では1位をとり、その他にも校長賞などをもらったりすることもありました。

技術の基礎を学んだ10年

僕はこれまで、2社の美容室にそれぞれ10年勤めて独立するに至りました。

美容学校卒業後に入社した美容室は、当時2店舗あった都内の美容室でした。この美容室では、技術系のコンテストによく出場させてくれました。

僕自身は、カットコンテストで2年連続優勝することも経験しました。

美容師としての技術の基礎を学ぶことができた美容室で、今でも美容師としての僕の土台となっています。

技術の応用と経営を学んだ10年

次に働いた美容室では、基礎技術を応用することとスタッフのマネージメントや経営を学ぶ機会を頂きました。

新規出店のお店を店長として任せて頂いた経験は僕の中では大きく、そこでスタッフへの技術指導をはじめ、スタッフが売上を上げていくことの楽しみ、そして美容室を経営していくことの大変さを経験することができました。

10年も同じ店で働く意味はあるのか?

2店舗をそれぞれ10年働くというのは、結構珍しいキャリアかなと思います。

10年も働いていて学ぶことはあるのか?と思うかもしれませんが、僕は10年間働いてよかったと思っています。

長く働いていると任せてもらえることも多くなります。それらの経験は今、自分の美容室を持つようになって確実に恩恵を受けています。

美容室オープンから10年経って思うこと

アンクロワは、今年で10年になります。

10年生き残る美容室は5%と言われますが、僕にとってはようやく独り立ちした美容室になったような感覚でもあります。

これまで僕が積み上げてきた基礎を再確認して、僕のお店としてお客様に伝えてきたこの10年。これがアンクロワの土台になったと確信しています。

次の10年で目指すこと

土台がしっかりと出来たことで、今度はスタッフが売上を上げられるようになることをサポートしたいと強く思うようになりました。

僕の美容師人生30年で学んだことをスタッフに伝えること、そしてスタッフが指名客を増やして売上を伸ばせるようになること、スタッフ同士が支え合える環境を整えること。

そのために今回、採用について本格的に取り組み始めることにしました。

まずは指名売上で100万円売り上げられる美容師を育てることを目標としています。

技術を磨き、お客様に喜んでもらい、しっかり稼げる美容師になりたいという美容師さんからの応募を心よりお待ちしています。

Hair Relaxation en croix
代表 佐藤 靖則